親愛なるmamaたちへ1


どうしてダメって言ったことばかり繰り返すの?

 

 

昨日も同じことで叱られたばかりじゃない

 

 

少し大きくなってきた子どもにはこういうことがよくあります。

 

でも、その「ダメ」なことをさせているのはママの「叱る」という行動かもしれません。

 

子どもにとって大事なことは「ママの注目を集めること」

 

それは、正しいことでも悪いことでも同じなのです。

 

悪いことをして叱られると、注目されたという印象が残り、また同じことを繰り返してしまうのです。

 

 

こどもだって叱られたいわけではありません。

 

でも、「ほめられる」という注目の集め方がわからないのです。

 

日頃、ちょっとしたことでもほめていますか?子どもに注目していますか?

 

お友だちに優しくしたとき

 

きちんとごみを捨てたとき

 

元気よくあいさつができたとき

 

大きくなるにつれ、できることが当たり前になって褒める機会が少なくなって

 

悪いこと、できないことばかりを指摘してしまいがちです。

 

子どもは「ママはいつも見てくれている」という安心感を持っていれば、悪いことで注目を集めたりはしなくなるのです。